ここではアダルト動画にある「DRM」というものについて

解説していきます。

DRMとは?

 

「DRM」とは、「Digital Rights Management(デジタルライツマネージメント)」の略で、

意味は「デジタル著作権管理」です。

簡単に言えば、海賊版等の違法行為防止のためにDRMが用いられています。

 

DUGAの動画は「DRMあり」か「DRMなし」に分かれ、作品情報の「プロテクト」という欄で確認できます。

 

DUGA(デュガ)の「DRMの有無」による作品の違いと確認方法

DRMの有無はダウンロード方法と視聴方法に違いがあります。

 

「DRMあり」はDUGA Playerでのダウンロード&視聴が必要、

「DRMなし」はブラウザからそのままダウンロード可能です。

 

「DRMあり」

  • DUGA Player 以外ではダウンロード及び再生ができません。
  • ダウンロードしたファイルは暗号化・断片化されており、他のアプリからは開けません。
  • 再エンコード、ファイル変換、ファイル結合、DVD-Videoの作成などが制限されています。
  • iPhone 及び iPad でご利用の場合はストリーミング再生のみ可能です。
  • 月額番組の解約や完全退会を行った場合はライセンスが無効となり再生できなくなります。
  • 作品や販売種別によっては視聴期限が設けられている場合があります。

 

「DRMなし」

技術的な制約はありませんが、著作権法上の取り扱いはDRMがある場合と同じで

私的利用の範囲を超えて利用することはできません。

DUGAから退会すると「DRMあり」の作品は視聴できなくなります。

 

DUGAでは「DRMなし」作品のみを検索することもできます。

 

ちなみにFANZAでは、基本的にすべての作品が「DRMあり」です。

「DRMあり」作品は、退会後は視聴できなくなるので

もし退会をする場合は気をつけましょう。

DUGA公式サイトへ